日本人にとっての温泉

日本最古の書物である日本書紀にも記述があるほど日本における温泉の歴史は長く、まさに日本人は遺伝子レベルで温泉を愛し続けてきたと言えます。

温泉の起源

日本最初の温泉の起源はハッキリしていないものの、石器時代の遺跡の中に入浴場のように使われていたのではないかとされる跡が発見されているというから驚きです。日本書紀や古事記には、ヤマトタケルノミコトが草津温泉で傷を癒した、持統天皇は温泉を飲む事で病気を治したなどといった記述があります。歴史ある温泉としては、愛媛県の道後温泉道後温泉、兵庫県の有馬温泉、和歌山県の白浜温泉が日本三古湯と呼ばれています。