日本では家に風呂が無い時代から、また大衆の癒しとして古く広く銭湯文化が根付いています。

家で快適なお風呂にありつける現在でも銭湯に好んで通う人は多いですよね。

銭湯文化の始まりは江戸時代から。当時は施設が少なくて済むという理由から混浴も多かったようですが、時代と共に現在の姿になりました。しかしながらひと昔前まではどんな小さな町にもあった銭湯ですが、今ではその数が随分と減ってしまいました。そんな銭湯の豆知識を紹介します。

下町の銭湯ではシャンプーや石鹸類が備え付けられていない事が多く、自分で持ち込むのが原則です。

入浴料は都道府県によって異なりますが、同じ都道府県内ならばどの銭湯に行っても料金は決まっています。